レディー

辛い体臭の悩み|わきがは医療機関できちんと治療しましょう

体臭の悩み改善

照射治療

レベル別に対処が出来ます

わきがには、その症状の現れ方によって一定のレベルがあります。わきがの原因とされているのは、主にアポクリン腺です。アポクリン腺からの汗の分泌は、ストレスや体調の影響で少なからず変化します。従って、日によってわきがのレベルが違うこともあるのが難しい所です。体質によってもかなり影響されるため、わきがのレベルには個人差が見られます。軽症から重症まで症状の現れ方は幅広く、その都度適した対処が必要です。このような複雑なわきがに、柔軟に対応出来るのがクリニックでのわきが治療です。美容クリニックなどが行うわきが治療では、症状のレベル別に対応します。簡単な塗り薬から手術まで選ぶことが可能で、わきがに悩む方には好評です。より負担の少ない方法から試していくことで、不必要な治療が避けられます。治療のメリットとデメリットを考えて決断出来るのも便利な点です。どの程度の効果を望むかによっても、適した方法が変わります。医師と相談しながら治療を進めていけるのが、クリニックでの治療の良い点です。市販のデオドラント剤は刺激が強いことも多く、時に肌を傷めます。クリニックで処方される塗り薬は、このような心配も多くの場合不要です。

配合成分が問題です

市販のデオドラント剤の刺激の元凶は、独特の配合成分です。この手のデオドラント剤には、塩化アルミニウムや銀イオンなどが主に配合されます。塩化アルミニウムには強い制汗効果があることから、広く用いられる成分です。また、銀イオンの殺菌効果も多くの商品に取り入れられています。市販の商品の場合は、保湿剤などの肌をケアする成分の含有量が少ないのが常です。従って、消臭成分がより強く肌に刺激を与えます。肌質によっては赤みやかゆみなどの症状を引き起こしますので、慎重に使用を行ないます。ダメージを受けた肌は、一時的な乾燥状態に陥ります。そうなると、一層汗や皮脂の分泌が増え、臭いが強くなることがあるのが問題です。実際、わきがを重症化させる原因の一つには、市販のデオドラント剤の使い過ぎが挙げられます。臭いを抑えるために作用の強い商品を選ぶことは、逆効果です。クリニックのわきが治療では、適宜状態を観察しながら薬や施術が利用出来ます。問題があればすぐに他の方法に切り替えることが出来ますので、ダメージも最小限です。生活スタイルやストレスなどが関係しているときにも、アドバイスが得られます。子供の場合には特に肌が弱い傾向があり、専門医の診察が必要です。