レディー

辛い体臭の悩み|わきがは医療機関できちんと治療しましょう

体臭の改善法とは

ワキ

美容外科での対処法の特徴

体臭に悩む人は多くいますが、特にわきがの悩みは深刻なことが多く、様々なグッズを使ったり美容外科などで本格的な治療を受ける人もいます。グッズによる処置は制汗スプレーや塗り薬などが挙げられ、効果は一時的ですが安価で即効性があり、汗を抑えたい大事な場面で役に立ちます。美容外科でのわきがの治療は根本的な問題の解決を目指し、グッズに比べて費用はかかるものの確実な効果が得られます。病院での治療には、主にレーザー・有効成分の注射・切開手術があり、症状の程度に応じて使い分けられます。レーザー療法の大きな特徴は傷跡がつかないうえに、半永久的な効果を得られる点です。さらに、最近では重症の場合もレーザーで改善が見込めるようになり、現在では最も主流なわきがの治療法と言えます。有効成分の注射ではボトックス注射が一般的で、汗腺の働きを抑えることができます。効果は市販のグッズより長く、レーザーや切開手術に比べると短いですが、一般的に一回の注入で半年程度効果が持続します。切開手術では直接汗腺を取り除き、わきがを根本的に解決します。切開による傷跡や痛みが生じるものの、重症なわきがにも確実に対応できるため、一定の人気がある治療法です。

積極的にケアを受けよう

多汗症は主に手足と脇に生じる疾患ですが、発汗する場所によって原因や治療法が大きく異なります。手と足の発汗はリンクしていることが多く、自律神経やホルモンバランス・生活習慣の乱れが原因となって発症することがあります。この場合はストレスの除去やホルモンバランスが乱れがちな更年期障害の軽減、食生活・睡眠の改善を行うことが必要です。また、発汗を一時的に抑えたい場面で市販薬をうまく使うことも大切です。一方、脇の多汗症は手足の汗腺と異なり、アポクリン汗腺というものが主な原因です。この汗腺から出てきた汗が皮脂などの成分と混ざり、わきが独特の臭いに繋がっています。手足の多汗症が生活習慣の改善など自分でケアできる部分が大きい一方で、脇の多汗症はアポクリン汗腺の働きを抑制したり汗腺自体を除去する治療が不可欠です。アポクリン汗腺の多さは遺伝的に決まる部分が多く、特に男性はこの汗腺が発達していることが多いです。わきがは通勤・通学時だけでなく、職場や学校でも気になってしまって大きな悩みとなりがちですが、適切な治療で確実に解決できる疾患です。軽度のうちに治療を受ければ、通院回数も少なくなって負担が減るので、気になる症状があれば積極的に医療機関の診察を受けましょう。